2007年度 MLG 数理論理学研究集会(第41回)のご案内

2007年度MLG数理論理学研究集会を下記の要領で開催します。 

研究集会の概要

MLG数理論理学研究集会は、この分野の多くの研究者が参加している研究集会
です。成果を発表し合ったり、アイデアを交換したりと、ザックバランな雰囲
気で行われています。数学の他分野や、広く数理科学、情報科学、哲学の方々
や,外国からの研究者を迎えるなど、オープンに運営されています。

---

開催要領

      期間:2007年12月20日(木)から22日(土)まで
      場所:KKR城崎玄武
      〒669-6101 兵庫県豊岡市城崎町湯島75 
      TEL:0796-32-2631 FAX:0796-32-4026
      URL:http://www.kkrkinosaki.com/
      宿泊費:KKR城崎玄武宿泊の場合 25800円(2泊2〜5人部屋)
             (会議室利用料 1人1000円)
      参加申込締切:11月30日(土)
      参加申込先:廣川佐千男
      〒812-8581 福岡市東区箱崎 6-10-1
      九州大学情報基盤研究開発センター研究部
      Tel:092-642-2301(研究室),2296(研究部) Fax:092-642-2294
      Email:hirokawa@cc.kyushu-u.ac.jp

---

プログラムpdf (論文集)

20日(木) 15:00〜17:00

(1) Minimal subvarieties of Involutive residuated lattice(相馬大輔)
(2) An extension of canonical formulas(田中義人)pdf
(3) 1 変数公理の disjunction property について(志村立矢)pdf
(4) もの, こと, ことば -- 意味論のすすめ --(佐藤雅彦)

21日(金) 9:00〜12:00

(5) 無理数の作る{0,1}列 (上江洲忠弘)
(6) An algebraic approach to prove $\gamma$-admissibility of relevant modal logics (関隆宏) pdf
(7) Beth property and the strong amalgamation property (木原均)pdf

21日(金) 14:00〜17:00
(8) A Phase Semantics for Polarized Linear Logic and Second Order 
    Conservativity (a joint work with Masahiro Hamano) (竹村亮)
(9)様相論理K4DLZとその周辺の完全性について (鹿島亮,横塚誠)
(10)2重否定の構造 (桜井貴文)pdf
(11)命題論理再発見 (古森雄一)pdf

19:00〜懇親会

22日(土) 9:00〜12:00

(12) Glivenko theorems without tears (小野寛晰)pdf
(13) 様相論理S4の真理値表について (佐々木克巳)pdf
(14) Notes on residuated lattices with modal operator (高村博紀)pdf

※ 参加申し込みをいただきました方にはメールを差し上げていますので、参加日
程をご確認ください。参加申し込みされたのにメールが来ていない方はご連絡
ください。MLG世話人(hirokawa アット cc.kyushu-u.ac.jp)まで連絡ください。

---------------------------------------------------------- 

近年のMLG研究集会のページ

2006年度MLG研究集会2006年12月20日〜22日ゆふいん七色の風(旧 湯布院ハイツ)(大分県由布市湯布院町)
2005年度MLG研究集会2005年12月5日〜7日蒲郡荘 (愛知県蒲郡市)
2004年度MLG研究集会2004年10月24日〜26日蒲郡荘 (愛知県蒲郡市)
2003年度MLG研究集会2003年12月1日〜3日静岡大学理学部 (静岡県静岡市)
2002年度MLG研究集会
2001年度MLG研究集会
2000年度MLG研究集会

Proceedings(PDF) 2006年度
2002年度
2001年度

2007年度MLG世話人 廣川佐千男